地球社会統合科学府

学府について

学府の特色

地球社会統合科学府の4つの特色
地球社会的な視野に立つ統合的な学際性の養成

地球社会統合科学府では、人類を含めた全生物にとっての生存圏である「地球社会」というシステムとそれに関連するグローバルな人類的諸問題を文理の枠を超えた「統合的な学際性」に立脚して究明するとともに、これまでにない新たな解決方法を提案して世界と地域をリードする人材を養成することを目指します。

「KEYWORDのスペクトラム」に表現された研究領域を6つのコースに編成

地球社会統合科学府は、6つのコースから編成されています。「KEYWORDのスペクトラム」に表現された、地球社会に関するゆるやかに繋がる研究領域を6つのコースに編成し、それぞれに対応する科目を設けています。学生の皆さんは、これらのうちからメインコースを選択して、専門を学んでいくことができます。

包括的地球科学コース
地球史的な観点から人類存立の物質的基盤のダイナミズムを探究する
包括的生物環境科学コース
生物多様性の保全という観点から、地球生命が直面する諸課題の解決に挑戦する
国際協調・安全構築コース
地球社会の安全という観点から、公正で平和な世界を構想する
社会的多様性共存コース
地球上の多様な社会の共存をめざして、社会の互恵的な基盤を探究する
言語・メディア・コミュニケーションコース
地球社会の相互理解という観点から、人類のコミュニケーションを解明する
包括的東アジア・日本研究コース
東アジアの歴史・環境を包括的に究明し、人類社会の未来を構想する
フィールド調査と外国語発信力の涵養

「地球社会」を舞台にした「地に足のついた」調査研究能力と実践力をはぐくむために、様々な研究領域におけるフィールド調査科目と外国語での発信能力を高めるための科目を準備しています。

チュートリアルと複数指導教員団による親身な指導

入学時には全員に教員がチューターとして配置され、それぞれの能力と適性を考慮した履修指導を実施します。1年の後期からは自分で選んだ指導教員団による指導を受けることができます。複数の教員による親身な指導で、足りないところを補いつつ、自分の問題関心に即しつつ研究を進めることができます。