御代川さん(卒業生)の論文が発表されました

グリーンヒドラ(Hydra viridissima)はクロレラの一種と細胞内共生しています。形態、増殖率、捕食率の観察や遺伝子発現の比較解析から、共生藻を除去/交換した場合の、ホストであるグリーンヒドラの応答を明らかにしました。

Miyokawa, R., Hanada, M., Togawa, Y., Itoh, T. Q., Kobayakawa, Y., & Kusumi, J. (2022). Symbiont specificity differs among green hydra strains. Royal Society Open Science, 9(10), [220789]. https://doi.org/10.1098/rsos.220789

グリーンヒドラK10株では、共生藻クロレラの株を別の株と交換すると、形態異常や増殖率の低下、卵形成異常が生じる。