九州大学大学院 地球社会統合科学府 Graduate School of Integrated Sciences for Global Society

卒業生の方

新任教員紹介

小さなハチの研究を通して学んだことを伝えたい

井手竜也

包括的生物環境科学コース

伊都キャンパスで発見されたマスダアラカシタマバチと
その虫こぶ(カシメフクレタマフシ)

今年度から包括的生物環境科学コースのスタッフとなりました、国立科学博物館動物研究部の井手竜也です。国立科学博物館は九州大学を始めとする大学と連携し、次世代の研究者の育成に取り組んでいます。この度、九州大学との連携大学院にて昨年度まで指導に当たってきた、小野展嗣先生が退官されたことを受けて、後任としてスタッフに加わることになりました。どうぞよろしくお願いいたします。

地球社会統合科学府の前身である比較社会文化学府で、学生時代(修士課程および博士後期課程)を過ごさせて頂きました。学位論文の研究対象は、タマバチというハチのグループです。タマバチは、植物に寄生し、その寄生部分に虫こぶ(またはゴール、虫えいともよばれるもの)を形成して、幼虫の餌や住処として利用するという生態を持つことが特徴です。その多くの種は、ブナ科の主にコナラ属に寄生するナラタマバチ族というグループに属しています。コナラ属以外に寄生する本族の種としては、クリの重要害虫として知られるクリタマバチが有名です。
 修士課程の研究を開始した当初、アジアのタマバチの多様性の解明は、同じくタマバチが分布しているヨーロッパや北アメリカに比べて、著しく遅れていました。当時、コナラ属はおもに落葉性のコナラ亜属(クヌギやコナラの仲間))と常緑性のアカガシ亜属(カシの仲間)に大別されていました。アカガシ亜属はアジアに固有であり、これを寄主とするタマバチがいるかいないかで、アジアにおけるタマバチの潜在的多様性の評価は一変します。ところが、ナラタマバチ族の既知種は、上記のクリタマバチを除き、コナラ亜属を寄主とするものだけが知られている状況でした。
 一方で、日本国内において、アカガシ亜属から、タマバチの未記載種によって形成されたと思われる虫こぶが複数報告されていました。そこで、このアカガシ亜属の虫こぶとその形成者について重点的な調査をおこなったところ、九州大学伊都キャンパスの生物多様性保全ゾーン内のアラカシにて、未記載種のタマバチが発生していることを突き止めることができました。
 この研究成果はアメリカ昆虫学会が刊行している国際学術雑誌にて発表されました。これを契機に、海外の研究者によっても、中国や台湾から、アカガシ亜属を寄主とするナラタマバチ族が報告されており、アジアのタマバチ相解明の呼び水として、この研究が役に立ったのではないかと考えています。

国内のナラタマバチ族の既知種全種を扱った分類学的研究を博士論文にまとめながら、DNAに基づいた系統解析や種同定(DNAバーコーディング)の基礎技術も身につけました。これを生かして、独立行政法人森林総合研究所(現国立研究開発法人森林研究・整備機構)にポスドクとして着任し、外来昆虫侵入の水際対策に関する研究に3年間従事しました。 
 この間、外来種対策の先進国であるオーストラリアやニュージーランドに訪問し、現地の研究者とモニタリングトラップの開発にかかわる国際共同研究や現地の学会での発表なども経験しました。また、LAMP法と呼ばれる手法を利用した微小な外来昆虫の同定手法を開発した研究成果は、近年話題となっているヒアリの水際対策にも貢献しています。
 昨年4月より現在の国立科学博物館に入りました。現在は、博物館にて研究成果を一般の方々に向けて発信できるよう、より広くハチやその他の昆虫について学びつつ、研究に取り組んでいます。まだまだ研究者としては若輩ですが、これまでの経験で学んだことを、大学院生のみなさんにお伝えしていくことができればいいなと思っています。


プロフィール
担当科目:生物インベントリー科学A(動物系統分類学概論)