活動報告

2017-02-09

FD「統合的学際教育の実践に向けて」第2回

主旨:
 共通科目「地球社会統合科学」を念頭に、地球社会統合科学府の教員で実践できる統合的学際教育のあり方を探る。

日時:平成29年2月8日(水)16:50-18:30
題目:「統合的学際教育の実践に向けて-第2回FD 多様性/グローバル化を多角的に考える」
司会:舘准教授
報告:松永教授(日本語教育)、荒谷教授(生物多様性科学)、波潟准教授(現代文学)、施准教授(政治理論・哲学)

 

 大学院共通科目の充実を主な目標として、地球社会統合科学府の教員で実践できる統合的学際教育のあり方を探るべく、学際教育FDを実施した。今回は、平成28年度 院長裁量経費プロジェクト「多様性共存に関する統合学際型日本研究」(代表 松永典子)と共同で、「多様性/グローバル化」という共通テーマの下、各教員の専門の観点からの報告をもとに多様性/グローバル化に関する議論が交わされた。参加者の半数以上は学生であり、学生も学際教育に強い関心を持っていることが伺えた。終了後に実施したアンケートでは、参加者の大半から「非常に満足」もしくは「満足」の回答を得ることができた。

   
   
 

お問い合わせ

国立大学法人 九州大学
大学院 地球社会統合科学府

グローバル化プロジェクト推進室

〒819-0395
 福岡市西区元岡744

ページの先頭へ