活動報告

2015-07-22

「学際交流カフェ」を開催しました

 地球社会統合科学府は、文系と理系の共存する希有な環境にあり、様々な学問分野の垣根を越えたユニークな教育・研究を魅力の一つにしています。「統合的学際教育を基盤とする高度グローバル人材養成プロジェクト」では、異分野研究の理解を深められるような場を提供しています。先日は、学際交流カフェというイベントを企画し、教員と学生の「統合的学際性」を磨く手助けを行いました。

 

   
 
  

 

 このイベントでは、まず少人数のグループに分かれ、自己紹介を通じて、学府の魅力を語り合いました。ヒートアップしてきたところで、「研究者はなぜ専門分野の視点だけではだめなのか」という新たな問いかけが加わります。各参加者は、異分野研究の視点が加わることで自身の研究がどう展開されるか、具体例を挙げつつ説明していきます。ある程度議論が進んだところで、テーブルホストを一人残して、新たなグループを形成して、再度議論が行われます。ちなみに、これはワールド・カフェと呼ばれる活発な議論が生まれやすい話合いの手法です。

 

  

 

 今回のファシリテーターは大学院生の福井崇郎さんと福永裕美さんが引き受けてくださったため、終始和やかに活発なディスカッションが行われました。参加者には教員も含まれており、豊かな経験談を通して異分野研究の重要性を語って頂きました。時折、普段見られない研究への熱い想いも垣間見られました。
 このような交流は、研究活動のモチベーションアップに繋がるに違いありません。

 
 

 こうして、地球社会統合科学府が誇る「統合的学際研究」に参加者が大きな期待を感じつつ、閉会となりました。

 本学府では多彩な教員陣との議論を通して、統合的学際性を帯びた唯一無二の研究が生まれていきます。そして、その研究プロセスそのものが教員にとっての糧になります。「統合的学際教育を基盤とする高度グローバル人材養成プロジェクト」は、人と人との交流を通した学際研究の発展を目指しており、随時このような交流会を検討しています。次回をお楽しみに!

お問い合わせ

国立大学法人 九州大学
大学院 地球社会統合科学府

グローバル化プロジェクト推進室

〒819-0395
 福岡市西区元岡744

ページの先頭へ