イベント

2018-01-15

チュラロンコン大学招へい研究者によるワークショップ/集中講義/フィールドトリップ

1.研究課題

アジア大陸形成テクトニクス

 

2.招へい期間

2018年2月1日(木)-3月3日(土)

 

3.招へいメンバー

・Punya Charusiri (Associate Professor, Chulalongkorn University):2月1日~2月14日

・Ladda Tangwattananukul(Lecturer, Kasetsart University):2月1日~3月3日

・Prayath Nantasin(Lecturer, Kasetsart University ):2月1日~2月14日

 

4.受入担当教員

小山内 康人 教授、中野 伸彦 講師

 

5. 活動内容

●合同国際ワークショップ

 “Workshop on tectonics of the Asia and related terranes”

 開催日:2月4日(日)

  開催場所:九州大学伊都キャンパス 比較社会文化・言語文化研究棟321会議室

 <報告内容>

 “Tectonic evolution of the Kurosegawa terrane as the remnant of the Asian continent”

    小山内 康人(地球社会統合科学府)

 “Tectonic evolution of Thailand: Evidence from magmatism and mineralization”

    Punya Charusiri(チュラロンコン大学)

 “Geology of the 2018 Winter Olympic site, Pyeongchang, Korea”

    Moonsup Cho(元ソウル大学)

     “Bauxite to eclogite: Evidence for late Permian supracontinental subduction at the Red River shear zone, northern Vietnam”

    中野 伸彦(地球社会統合科学府)

  “Ordovician-Silurian Gondwana magmatic event preserved in metabasite of Nong Yai metamorphic complex, Chonburi Province, Thailand”

    Prayath Nantansin(カセサート大学)

 “Epithermal Au-Ag and porphyry Cu-Mo in the Chatter deposit, Central of Thailand”

 Ladda Tangwattananukul(カセサート大学)

 “The prograde P-T evolution and zircon geochronology of barroisite eclogites in the Lanterman Range, northern Victoria Land, Antarctica”

   Yoonsup Kim(チュンブク大学)

  “Proterozoic igneous activities in the south-western part of Sør Rondane Mountains, East Antarctica: Formation of juvenile continental crust”

  大和田 正明(山口大学)

  司会: 中野 伸彦(地球社会統合科学府)

     足立 達朗(地球社会統合科学府)

     仙田 量子(地球社会統合科学府)

   参加人数:27名

  

●集中講義 ” Geology and mineral resource in Thailand and adjacent SE Asia”

実施日:2月7日(水)~2月8日(木)

概要:タイおよび東南アジアの岩石および鉱物資源の形成過程について、そのバックグラウンドとなる地質構造やテクトニクスとあわせて講義する。

参加学生:7名

 

●フィールドトリップ

 実施日:2月10日(土)~2月12日(月)

訪問先:志賀島、篠栗周辺、杷木赤谷川流域、別府市、佐賀関

   参加人数:12名

 

お問い合わせ

国立大学法人 九州大学
大学院 地球社会統合科学府

グローバル化プロジェクト推進室

〒819-0395
 福岡市西区元岡744

ページの先頭へ