2017/04/07

重要 4月からのカリキュラムの変更について

平成26~28年度に入学した修士課程の皆様へ、
平成29年4月からのカリキュラムの変更のお知らせです。3点あります。
(1)基礎科目の履修・単位認定の変更
(2)新しい基礎科目「統合学際研究法」の開講
(3)新規の個人演習の開講
について、以下に説明します。
またこの件に関する説明会を
4月11日(火)12時から、比文言文棟3階321会議室
で開きます。

(1)昨年度までの旧カリキュラムでは、基礎科目は、前期・後期のいずれかに15回の授業
による2単位の科目で開講されていました。
今年度からの新カリキュラムでは、基礎科目は春・夏・秋・冬のいずれかのクオーターで、
8回の授業による1単位の科目として開講されます。

皆さんが新カリキュラムの1単位の基礎科目を履修した場合、1単位の基礎科目を
2科目受講することで、旧カリキュラムの2単位の基礎科目に読み替えて単位が認定されます。
(2)で説明する新しい基礎科目「統合学際研究法」も履修できます。

読み替えにあたり、以下の申し合わせに従うものとします。
①同一コースの基礎科目(1単位)2科目で、そのコースの旧カリキュラムの基礎科目(2単位)に
読み替える。
②異なるコースの基礎科目(1単位)2科目の場合は、履修学生がどちらのコースの
 旧カリキュラムの基礎科目(2単位)に読み替えるかを選択する。
③コースの基礎科目(1単位)と統合学際研究法(1単位)の2科目で、コースの基礎科目(1単位)
 が開講されたコースの旧カリキュラムの基礎科目(2単位)に読み替える。
 統合学際研究法2科目での、いずれかのコースの基礎科目(2単位)への読み替えは行わない。

なお、単位の読み替えの申請は、学生が申請書に記入し、主指導教員の押印を受けて、
大学院係に提出するものとします。



(2)新しい基礎科目「統合学際研究法」の開講
本学府が主催するセミナー・シンポジウム・講演会などの企画を、基礎科目「統合学際研究法」として
開講します。
単位は、半日企画(0.25単位)、1日企画(0.5単位)などとして積算していきます。積算単位数が
1単位に達したら、「統合学際研究法」の単位として認定します。
ただし、単位の積算期間は、前期・後期のそれぞれの期間内です。学期が変わると、以前の学期の
積算単位は無効になりますのでご注意ください。
なお、各企画の成績(可・否)は、レポートや学生の発表、運営への貢献などに基づき、
各企画の主催者が評価します。

履修方法ですが、「統合学際研究法」の授業(個々の企画)の開講は、集中講義と同様に、
大学院係から アナウンスされます。 履修を希望する学生は大学院係で履修登録を行って下さい。
なお、可の評価を受けた授業(個々の企画)・単位数は、大学院係で確認できるよう準備します。


(3)新規の個人演習の開講
新カリキュラムでは、この4月に着任された先生方の演習が新たに開講されます。それ以外にも
新規に開講される演習もあります。
これらの新カリキュラムの演習も受講可能ですが、単位認定に当たっては、旧カリキュラムの単位など
に読み替えて認定される場合があります。
読み替えに関する具体的なことは、各演習担当の教員または大学院係に確認してください。

以上